So-net無料ブログ作成
検索選択

【速報】笹井芳樹副センター長が首吊り自殺!【自殺の真相】 [事件ネタ]

笹井芳樹副センター長が自殺をしたと言うショッキングなニュースが
飛び込んできた!!
笹井芳樹副センター長は理化学研究所発生再生科学総合研究センターの
センター長を務めていて、STAP細胞を見つけた小保方さんの直属の上司になる。
 【速報】笹井芳樹副センター長が首吊り自殺!『疲れた』
Yoshiki_Sasai,_circa_2012.jpg


【プロフィール】
本名:笹井芳樹(ささい よしき )
生年月日: 1962年昭和37年)3月5日
年齢:52才
職業:医学者
出身:兵庫県
職場:
理化学研究所発生再生科学総合研究センター

兵庫県警や理研によると、5日午前9時前、CDBに隣接する先端医療センターの
研究棟を巡回中の警備員が、階段の4階と5階の踊り場付近で手すりにひも状のものをかけて
首をつっている笹井氏を発見した。同センターにある病院の医師が救命措置を行ったが、
死亡が確認された。
    【スポンサーリンク】

笹井芳樹副センター長の自殺をしたことで、理研の加賀屋悟広報室長は
5日午後1時50分ごろから、文部科学省で記者会見。
笹井氏について「疲労困憊(こんぱい)。心身ともに疲れていた」などと語った。
また、遺書について「秘書の机の上にあったものとともに、現場に遺書のようなものが
3通あったと聞いている」と発表している。

2014022400003_1


3通の遺書の中で小保方さん宛の遺書も発見された。
小保方氏に宛てた遺書には「あなたのせいではない」
「STAP細胞を必ず再現してください」という趣旨の内容が
書かれていたと言う。

笹井芳樹副センター長は1986年に京都大医学部を卒業。
36歳の若さで京大教授に就任した。2000年に理研に入り、
グループディレクターを経て13年から現職。胚性幹細胞(ES細胞)研究の第一人者として
世界的に有名だった。


今回の
STAP細胞で名誉も今後の人生もすべてぼうに振ったので
自暴自棄になったのだろうか。。。

 ツイッターの意見を紹介します!
 




































スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました